2019.05.27

連続講座「市民社会の哲学と力学」第1回 NPO2.0
―これからのNPOは、どのように進化すべきかー

市民社会はいま、大きな転換点を迎えています。市場から溢れ出た巨大なお金の流れと、課題解決を重視した評価が合わさって、これまでの社会の姿を大きく変容させようとしています。いま本当に必要なことは、どんなことから価値を見出し、どんな価値が人々の豊かな生活にとって本当に必要なのかを考えること(市民社会の哲学)と、その実現に向けて戦略的に活動を展開していくこと(市民社会の力学)ではないでしょうか。わたしたちは、上記の問題意識の元に、連続講座「市民社会の哲学と力学」を開催します。
第1回は、NPO法の制定に際して中核的な役割を担った認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会の松原明さんから、NPOが進むべき進化の方向性「NPO2.0」を学びます。「財源が確保できない」「会員・寄付者が増えない」「世代交代が進まない」「企業との違いが分らない」というNPOの課題は、なぜ起きるのか、どのように解決すべきか。具体的なアクションを模索している方、ぜひご参加ください。

日時:2019年7月27日(土)09:15〜11:45(09:00〜受付)
会場:じゅうろくプラザ 和会議室
岐阜県岐阜市橋本町1丁目10番地11
JR岐阜駅に隣接 徒歩2分
講師:松原明さん
(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 理事)
進行:小池達也(岐阜共有資本研究会 代表)
主催:岐阜共有資本研究会
後援:NPO法人ぎふNPOセンター
対象:NPO・中間支援組織・地域自治組織の理事・スタッフ、市民社会づくりに興味のある方など
参加費:2,000円/人
定員:30人
申込み:下記のURLからお申込みください。
https://forms.gle/jzKUddBRSnnYHBDJ9

2019年5月に発足した「岐阜共有資本研究会」は、持続可能で豊かな生活のために、市民の参加と協力によって岐阜の共有資本(人間関係資本・自然資本・文化資本)を構築するまちづくり支援のあり方を考える研究会です。参加者募集中。